MENU

アルバイトの大学生なのにプロミスに助けてもらった体験談

 

お金に困ったときに頼れるものは何でしょうか。友人でしょうか、兄弟でしょうか。これらの人々からお金を借りようとしてもまず無理です。誰も貸してくれない、と途方に暮れてしまった場合、最も頼りになるのは消費者金融のプロミスです。カード1枚持っているだけで困ったときにいつでも助けてくれます。友人や家族よりもはるかに頼りになるプロミスなら、一人暮らしの時も便利です。

 

【1】大学生だけど審査に通るのか心配だった

 

私は21歳の男性です。18歳の頃に東京に引っ越してきました。大学受験を無事に終えて、東京都内の国立大学の経済学部で勉強しています。もちろん一人暮らしですから。お金をコントロールしなければいけません。若い男性の一人暮らしですから、もちろんお金の使い方もだらしなくなります。お金に困ってどうしようもなくなった時に、同級生の友人にお金を無心したりなどしていました。お金が手に入ったとしても、友人が離れていき、これではどうしようもないなと思っていました。そんな時に出会ったのが消費者金融のプロミスでした。

 

【2】大学生でも大丈夫

 

私は消費者金融について、間違ったイメージを持っていました。()消費者金融は世に言うサラリーマン金融ですから、社会人でないとお金が借りられないと勘違いをしていました。私の友人で消費者金融のプロミスを利用している人がいるのですが、その彼が「大学生でもアルバイトの給料があれば大丈夫だからお前もやってみろよ」とアドバイスしてくれたのです。私は家庭教師のアルバイトをしていて1ヶ月に9万円程度の収入がありました。プロミスのATMに入って、画面通りに操作してみると、30分くらいで審査も終わってしまい、無事にカードを発行してもらうことができました。みずほ銀行カードローンで解説が丁寧な記事はこちら。

 

【3】審査に通れる人々

 

プロミスの審査は定期的な収入があれば大丈夫だそうです。私のような大学生のアルバイトでも、フリーターや、家事や育児にがんばっている主婦のパートでも審査に通ることができます。正社員の会社員でないからといって諦める必要はありません。プロミスは冷たい会社ではありません。もしかしたら審査に通れるかもしれません。思い切ってプロミスのATMで申し込みをしてみるのがいいと思います。

 

●まとめ

 

私は今、大学3年生でこれから就職活動がピークに達します。お金に困るときもあるでしょうが、私の後ろにはプロミスがついていてくれます。お金に少し困ったとしても、信頼感抜群のプロミスがあれば、これからもやっていけると思います。大学を卒業して社会人になった後も、私のことをサポートしてほしいです。余裕がある方は金融庁のホームページをみて消費者金融の知識を深めることをおすすめします。